きのこ組合の完全復旧に向けて①~地鎮祭を行いました~

昨年の豪雨被害から約7か月。
先日のとても天気が良かった日に、作業場やハウスの再建工事のための地鎮祭を執り行いました。

 

 

儀式に必要な道具が揃えられ、とても厳かな雰囲気。

 

手と口をお清めしてからテントの中に入ります。

 

 

斎鎌(いみかま)を使った刈初(かりそめ)

 

 

斎鍬(いみくわ)を使った鍬入(くわいれ)

 

 

式の終了後、神職様の「おめでとうございます」のお声かけでお神酒をいただきました。
この袋の中には昆布とスルメが入っています。

 

 

 

いよいよこれから、きのこ組合の復旧にむけた工事が本格的に始まります。

 

地鎮祭のためにお時間を割いてくださった神職様、ご出席いただいた関係者の皆様、
初めてのことで不勉強な私たちのためにすべての準備を整えてくださった施工業者の皆様、誠にありがとうございました。

 

復旧への道のりは始まったばかり。
負うものも大きいですがしっかり前を向いて頑張ります。

 

これからも応援よろしくお願いいたします!

 


こちらの記事も合わせてどうぞ